おもちゃ

ハピカムHappiCAMUの口コミ評判は?子供用カメラでダントツの性能!

happicamu,kids camera

子供って親がカメラを構えているとやらせてー!って寄ってきますよね…

高価なカメラを落とされると困るから、その度に昔のガラケーを与えていましたが、なんとなく不満そう。

そこで子供用のカメラを買ってあげたら喜ぶかな?と思って探してみたら良さそうなものを発見しました。

その名もハピカム(HappiCAMU)!

2018年11月に発売されたばかりだそうです。

子供用カメラって画質が悪く、あくまでおもちゃ、というイメージがありましたが、このハピカムの性能は子供用カメラの中では群を抜いています。

口コミでも評価が高く、人気商品といえるでしょう。

今回はそんなハピカムの人気の秘密をみていくことにします!

ハピカムの人気の秘密

画質がすごく良い

ハピカムは1500万画素のカメラです。

子供用カメラのは良くて800万画素までだったので、他の子供用カメラとは段違いに画質がよくなります。

また、1080pの高解像度の動画も取れるとのこと。

1080pといえば、フルHD画質ですよ!

ネットで動画を見るとき1番綺麗に表示される時のレベルです。

もはや子供用のおもちゃカメラとは言えませんね。。。

子供にも使いやすい設計

握りやすい形で持ちやすいので、落下しにくい設計になっています。

また落下しても、本体はシリコンで出来ているので、少々の衝撃では壊れません。

また、首から下げれるストラップも付属しているのが嬉しいです。これで落下も防げるし、無くしたりするリスクも減りますね。

73gと軽くて小さいので首から下げてもそんなにストレスはありません。

このように、子どもに持たせても安心な設計なのですが、少し心配なのが液晶ですね。
液晶には特別な工夫はされていないようなので、心配な方は保護シールなどを貼るとより安心です。

手ブレ防止、タイマーやフィルターなどの機能が充実

ハピカムのえらいところは、欲しい機能をちゃんと押さえていることです。

以下のような機能がついています。

  1. 手ブレ補正
  2. 顔認識オートフォーカス
  3. タイマー(2、5、10秒)
  4. 連続撮影
  5. 4種類のフィルター(レトロ、白黒、レッド、ブルー)
  6. 21種類のフレームやデコレーション素材搭載

子どもが使うことを考えたら、手ブレ補正・顔認識でオートフォーカスは絶対欲しいところだし、友達と集合写真を撮りたい時もタイマー機能があると便利ですよね。

ちなみに、子ども用カメラでこれらの機能全てがついているカメラはありません。

ハピカムの製品情報

ハピカムの製品情報をまとめておきます。

画素数 静止画:1500万画素(5120×2800)

動画:1080P(1920×1080)

液晶サイズ 2インチ(IPSフルHDディスプレイ)
記録形式 静止画:JPEG

動画:AVI

記録メディア microSDカード(最大32GB)(別売り)
電源 内蔵ポリマーリチウム電池(1000mAh)
充電時間 約4~5時間
サイズ W6×H×D5.5cm(最大部計測)
重量 73g
付属品 本体、デコレーションシール、USBケーブル、カードリーダー、ストラップ(2種)、 取扱説明書

やはり、小さくて軽い!

充電は付属のUSBケーブルで行うので、簡単です。

microSDカードは別売りなので気をつけてくださいね。

ハピカムの口コミは?

ハピカムの口コミはまだ発売から日が浅いため少ないのですが、星★5つを付けている方がほとんどですね。

実際に購入した方の口コミを見てみましょう。

・3歳の誕生日に購入したが、とても満足している。

・大人の手の平サイズなので子供が持ちやすい。軽いのも良い。

・おもちゃならすぐ飽きてしまうけど、カメラはお出かけやパーティーなどで活躍しそうなので、長く使えると思う

シリコンなので色んなところにぶつけやすい子供には丁度いい

・デザインが可愛い

小さいのに写りが良い

子供目線の写真がとっても可愛い

・子どもがスマホを触りたがることが減ってよかった

充電があまり持たず、200枚くらい撮影すると電池が切れた

などなど、みなさん満足しておられるようです!

少し残念なポイントとしては、充電があまり持たないとのことです。

電池が切れる目安は200枚とのことですが、

熱心に撮影していたら2〜3時間で電池ぎれになるくらいでしょうか。

さいごに

子供用カメラをお探しの方にはハピカムがイチオシです。

性能が良いものは長く使っても飽きません。

このハピカムはおもちゃのカメラというよりは子供でも扱いやすいデジカメといった感じなので、きっと大きくなるまで大切にしてくれると思いますよ。

また、写真を撮ることで美的感覚を養うことができるので、英才教育にもぴったりです。

ひと味違ったおもちゃをプレゼントしたい方は是非検討してみてくださいね!